不倫脅迫

明らかに増えている案件があります。それは不倫相手からの脅迫を解決してほしいという依頼です。

元カレからの脅迫被害です。
別れ話がきっかけで、交際期間中の画像をネットに出すと脅されていました。
脅されてすぐに相談したので、画像がネットに出ることなく解決できました。
もし、あんな画像が世間に出ていたら就職も出来なかったかもしれません。

不倫自体、家族や会社にに知られること自体良いことではないため、脅迫に従う人が多いのが現実です。実際に当社で脅迫の解決をしてほしいと依頼される方は多くいます。

友人に相談してもただ恥をかくだけ、だれにも相談できないというのが現状でしょう。
20年ぐらい前ではあまりなかったことが映像、画像を不倫相手に撮影させている行為です。もちろん以前からあったことです。もちろん当社でも20年ぐらい前に写真のネガを取り返してほしいという依頼を受けていました。

今では不倫している証拠の画像、映像、写真を撮ることはていこうがなくなっているような気がします。

しかし、不倫の進行に問題がなければよいのですが、別れ話のもつれなどで、不倫相手がストーカーに変貌し、不倫の証拠映像を持ち出し、復縁を迫ったり、金銭の要求をしてきた場合対応に困るものです。

 

脅迫の二次被害

不倫 画像 映像 写真 

不倫脅迫の二次被害では、不倫がパートナー、家族、会社に発覚するケースがあります。不倫相手からの不倫脅迫被害は、リアルな不倫の証拠写真をネタに脅されるケースが大半であり、言い訳できないような画像を撮られていることしかないのです。職場に送り付けられ、社内不倫がバラされたり家に送り付けられ離婚問題に発展したケースもあります。不倫のトラブルは当事者間での解決は難しいと言えるでしょう。諦める前にご相談ください。

「弱み」は「二次被害」を起こす要因です。
貴方に弱みが無ければ、脅迫や強要、恐喝と言った被害に遭っていなかったかもしれません。
「弱み」は、脅迫や恐喝のネタになります。
この弱みを知ったうえで、相手は貴方に様々な要求をしてくるのです。
・ 素行をバラされたくなければ、金を払え!
・ 交際を解消したいなら、〇〇万円支払え!
・ 家族に知られたくなければ、交際しろ!

誰にも知られずに恐喝を解決する方法
誰にも知られずに恐喝を解決する方法