男女トラブル

近年、増加傾向にある男女トラブルは、「元交際相手からの嫌がらせ」や「交際中にお金を貸してしまい返済に至っていない」「独身だといわれ交際したが、実は奥さんがいた。」「結婚しようと約束したが破棄された」ケースです。

別れ話を出したとたんに相手が豹変し、「別れるならそのかわり…。」という感じで精神的圧力をかけてくるパターン、「別れるなら、今まで使ったお金を返せ!」と迫ってくる女々しいパターンです。

お金の絡む男女トラブル

「会社で早急にお金が必要になった・・・。」や「親が入院(またはケガ)したので医療費が必要になった。」など、あなたの善意を逆手にとり、要求をしてくるパターン。
交際中は「なんとか力になりたい・・・。」との思いでお金を渡してしまうものの、ずるずると先延ばしにされ、または、返済に関して一切相手から話が出てくることはなく、あなたが話をすると逆ギレ。
これは、あなたからお金を借りるということが目的の場合が多いです。

また、DV事件、ストーカー事件のいずれも統計に表れている事件の数は増加しています。
ただし、事件の数そのものが増えたというよりも、社会全体の意識が変化したことにより、今まで被害者が泣き寝入りしていたような事件が表面化しやすくなったともいえるでしょう。

男女間に特有のトラブル

DV、ストーカー事件、これに関連する離婚事件、セクハラ、職場での性差別等が考えられます。

いわゆるDV、ストーカー事件の他には男女間に特有のトラブルとしては、強姦や痴漢等の性犯罪、離婚に伴って生じる財産的・精神的問題、職場でのセクハラ、パワハラ、雇用や待遇面における性差別等が考えられます。

配偶者に対してでも性交を強要すればDVになります。
相手のDVを理由として離婚することも、離婚した後に元配偶者がストーカー化することも考えられますし、ストーカーが行為をエスカレートさせた結果、強姦事件を引き起こした事実もあります。

もっとも、男女間で生じるトラブルについて、「これはDVの事件」「これはストーカー事案」とはっきり区別することは非常に困難ですし、また区別する実益もありません。

トラブルの解決は、アイ総合コンサルタントへご依頼ください。

※無料相談はしていません。

秘密厳守ですので安心してご相談ください。

 

誰にも知られずに恐喝を解決する方法
誰にも知られずに恐喝を解決する方法