檀家トラブル

日本は他国に比べると宗教に関心のある人が少ないとされています。
誰かが亡くなった時や、結婚などの行事の時のみ宗教を出してくるという程度の方が多いのではないでしょか。
宗教トラブルは、切実な問題です。
檀家と住職の問題は、近隣トラブルとも重なり大きな問題になっています。
宗教と言うことで、踏み込みにくい問題です。
昔からの付き合いのある寺と檀家の間でもトラブルが起こっています。
金銭的な問題だけではなく、法要などでも問題が起こっています。

 

住職が檀家に暴行!

鳥取市細見の西光寺の住職69歳が、寺の住職の男が檀家の81歳の男性に暴行を加えたとして逮捕されました。
この住職の男は以前からも問題を起こして近隣住民を困らせちました。
寺にごみをため寺にばらまいていたり、
寺の入り口を占めて墓参りが出来ない状態にしたこともあったようです。
また、行事を欠席したりお経を録音したテープで流すなどして、地域の檀家とトラブルになっていました。
寺の責務を果たさないくでに、檀家に金出せと言っていたそうです。
取り調べに対して、この住職は容疑を否認しているということです。

 

宗教トラブル 檀家トラブル

宗教トラブル、檀家トラブルは、近隣地域の問題にもなっています。
ただでさえ、法要などから離れる人が多い社会になりつつある中で起こる問題は、
寺離れの現状に発車をかけるものになるでしょう。
こういった、ずさんな寺管理はおそらく四国八十八か所では起こらないと思われます。
地域、そして近隣トラブルの問題はアイ総合コンサルタントへご依頼ください。

 

誰にも知られずに恐喝を解決する方法
誰にも知られずに恐喝を解決する方法