復讐騒ぎ

嫌な経験をした後に「復讐」を誓うなどと言うことは、
無いわけではないでしょう。
「プライドが傷つけられた」
「家族のために」
「騙された腹いせに」
など、何らかの理由があってこそ「復讐心」がこみあげるのです。
それは、韓国だけではありません。
日本でもどこででも起こる人間の心理であると思います。

 

ナッツ問題 「必ず復讐」妹

韓国の新聞は、ナッツの出し方に激怒して飛行機の離陸を遅らせた疑いで逮捕された
40歳の大韓航空前副社長に、妹で同社専務31歳が
「必ず復讐する」と誓う内容の携帯メールを送っていたと報じました。
復讐の対象は不明です。
韓国の新聞では「前副社長が置かれた状況と関係する社内の人物とみられる」と解釈しているようです。
メールは容疑者が事情聴取を受けた17日ごろに送られたとされています。
報道を受け、妹はツイッターで「子供じみた私の過ちだった。本当に申し訳ない」としています。

 

復讐心は消えない トラブルの解決はアイ総合コンサルタント

復讐心は、そう簡単に無くなるものではないでしょう。
仕返しと復讐は重さが違うと思いませんか?
復讐と言う言葉の奥には憎悪の感情が見られると思います。
自分勝手な行動をきっかけに勃発した韓国のナッツ事件でしたが、
これを棚に上げて復讐を考えるような人間は、この兄弟だけではないはずです。
理解に苦しむような感情を露わにする人間はいます。
常識など通用せず、自分のやりたいことを行い、他人がどう思おうがまったく気にしない
何かが欠如したような人間はいるのです。
逆恨みは恐ろしいと思いませんか?

トラブル解決は、アイ総合コンサルタントへご依頼ください。
※無料相談はしていません。

 

誰にも知られずに恐喝を解決する方法
誰にも知られずに恐喝を解決する方法