公衆トイレで嫌がらせ

東京・足立区にある公園の公衆トイレで爆発がありました。17歳の少年が全身にヤケドをする大ケガをしたのです。

警視庁などによると、13日午後10時半頃、足立区にある公園の近くを通りかかった住民から110番通報がありました。
「公衆トイレで爆発があった」と言うのです。
警視庁や消防が調べたところ、爆発は公衆トイレの中で起きており、17歳の少年が全身にヤケドをする大ケガをし、搬送先の病院で入院して手当てを受けているとの事です。

現場からは、カセットコンロ用とみられる数本のガスボンベが見つかっていました。警視庁は回復を待って少年から話を聞き爆発の状況などを調べることにしています。

 

危険行為 迷惑行為

危険行為を楽しむ者の存在が気になります。
被害妄想を抱いている人物は、思いのほか多いのです。
精神的な病気を患っている場合もあります。
また、病気に気付かないこともあるでしょう。
近年、単身世帯が多く引きこもりの生活を行っているなどして周りの人に気付いてもらえないこともあります。
また、一方的な思い込みなどで敵を作り出していることもあるようです。

 

危険と隣り合わせの現代社会

あなたの隣、近所のにはどのような人が住んでいるのかご存知でしょうか?
「知らない」
「見たことが無い」
などと言う方もいますね。

単身世帯では、生活の時間帯が全く異なる人々が同じ建物内で住んでいることも多いです。
眠る時間に気になる音の問題や、窓から入ってくる臭いの問題などから近隣トラブルに発展することもあります。
些細な出来事の積み重ねが、恨みや憎しみへと変化していくこともあります。
それが何かのきっかけで公になり、近隣トラブルや嫌がらせなどに発展することもあります。

トラブルの解決は、アイ総合コンサルタントへご依頼ください。
※無料相談はしていません。

 

 

誰にも知られずに恐喝を解決する方法
誰にも知られずに恐喝を解決する方法