セクハラ示談問題 セクハラの解決はアイ総合コンサルタント

自分の交際相手がセクハラ被害に遭っていると知ったら、あなたはどうしますか?
簡単に考えてはいけない、物事にはルールがあります。
このルールを破ると、問題が自分に降りかかってしまうのです。
他人のトラブルに巻き込まれるどころか、自分がトラブルを起こしてしまうことになります。
大事な人を自分のトラブルに巻き込んでも良いのでしょうか。
トラブル解決は、アイ総合コンサルタントへご依頼ください。
トラブル解決のプロフェッショナルへご相談ください。

 

交際相手のセクハラ被害で職を失った警察官

京都府警の19歳の巡査は、自分の交際相手に性的な嫌がらせをしていた相手と自ら交渉ました。
そして、示談金100万円で話をつけたといいます。
しかしトラブルに発展してしまい、京都府警から処分を受けて依願退職することになりました。
示談金の金額を最初に持ちかけたのは相手の方で、しかも示談金も実際に支払われていませんでしたが、
府警は警察官を名乗って起こしたトラブルであったため処分がされたのです。
他人のトラブルを買ってでたものの、新たなトラブルで職を失ったこの巡査、
大きく人生を変える出来事になってしまったようです。
大変残念です。

 

セクハラの解決はアイ総合コンサルタントへご依頼ください。

セクハラ問題は、当事者での解決は難しいとされています。
かといって、上記のようなことになりかねない為、周りの者に負担を強いるのもいかがなものでしょう・・・
アイ総合コンサルタントへでは、警察のOBをはじめトラブル解決のプロフェッショナルがあなたの力になります。
もちろん、秘密厳守ですので安心してご依頼いただけます。

 

誰にも知られずに恐喝を解決する方法
誰にも知られずに恐喝を解決する方法