記者(ジャーナリスト)にからの脅迫でお困りの

政治家や、芸能人、プロスポーツ選手、政治家、会社経営者、公務員はジャーナリストがターゲットに選択しやすく、何らかの問題が発覚した場合は脅迫につながります。

犯罪疑惑不正行為だけではなく、社会の関心が集まる浮気や不倫もマスコミにとっては美味しいネタです。
教育者である教師や社会の安全を守る警察官や消防士、弁護士や医者などもジャーナリストが脅迫しやすい職業です。
教職員の未成年への性暴力や盗撮、警察官の窃盗や脅迫など事件化している問題も多く、性器を切断される浮気弁護士のニュースもありました。

人は「弱み」を知られることで脅されます。あなただけではありません。
弁護士であっても弱みを握られることで脅迫されています。
社会的地位が高い人や収入が多い人ほど脅迫のリスクが大きく、脅迫犯にとっては見返りが大きい現実的な背景があります。
悪意を持った個人や、反社会的組織(暴力団、ヤクザ、ハングレ)などは弱みをネタにして執拗に要求してくるでしょう。

 

ジャーナリスト(記者)が脅迫しやすい理由とその対処方法

ジャーナリストは脅迫のネタが入りやすい職業の一つです。

出来事を取材し、マスメディアで公表する行為はいいことばかりではありません。
日本国憲法の「表現の自由」を装って、脅してくる記者もいます。金銭の要求や自分たちの要求をのまそうとしてきます。
それに応じてはいけません
脅迫は社会の悪です。決して応じてはいけません。

ジャーナリストとしての仕事は取材して事実を公表することです。公表したくないことはあえて書かず、都合がいいことばかりを取り上げることとも少なくありません。また、公表する前に事実確認という名目で記事について確認するときに脅迫、強要と感じた被害者もいました。すべての記者が本来のジャンーなリズムから数れた行為をしているわけではありません。しかし、記者が他社にネタを渡した結果、事実が明らかにならないままセクハラ報道で職を追われる者もいます。

世間一般的には、マスコミの情報は正しく、嘘偽りは無いものだという認識があるでしょう。そうでなければ日本社会は混乱します。しかし、報道の背景には一方的な目線で書かれた事実も多く、裏が公表されない不公平さは隠されています。反論したいけれど、二次被害を恐れてできない被害者からのご相談が寄せられています。

どんな弱みを持たれていても、相手の脅迫に応じてはいけません。
言いなりになることでエスカレートし、状況の悪化をまねきます。
ジャーナリストのターゲットになるのは芸能人政治家プロスポーツ選手など有名人だけだと思っている人もいるでしょう。

浮気や不倫、売春や女性問題、セクハラ、詐欺疑惑などさまざまなトラブルや中には、でっち上げも事実のような書き方で公表されるケースもあります。

週刊誌や新聞に載る記事だけにジャーナリストが関わっていると思うのは間違いです。
一般人でも記者が職場や立ち寄り先、自宅で声をかけることがあります。
フリージャーナリストが聞きつけてきたネタは、取材後に必要に応じで紙媒体やインターネットで記事になります。
インターネット記事

・検索する必要がある。
・延々と残る。
・一瞬で記事が拡散できる。
・メールで送ることができる。
・SNSでの拡散。

インターネット記事での公表は、その後の拡散のスピードが速いことが問題です。
記事は独り歩きし、誰でも見ることができます。

紙媒体の記事

・手渡し可能。
・ポスティングできる。
・誰にでも渡せる。
・いつでも渡せる。
・持ち運べる。

紙媒体の場合は、当然配布されます。その配布先が更なるトラブルにつながっています。
持っていきたいところに記事を持って行かれます。全く関係のないところにバラまかれることもよくあります。
井戸端会議で記事を見ながら噂話のネタになり、誹謗中傷にされることがあります。子供のいじめにもつながります。
警察所に持ち込まれることもあり、
医師が脅迫された時は、勤務先以外の病院にバラまかれたケースもありました。

不差別にバラまくことで多岐にわたる中傷被害はまぬかれなくなります。

  • 金銭トラブル
  • 犯罪疑惑
  • 不正行為C
  • 脱税
  • 浮気や不倫
  • 愛人問題
  • 異常な性癖

など、取材した内容を記事にされることは避けたいものです。

医者や弁護士の浮気や不倫は脅迫も多く、妊娠したとたん別れ話をされた愛人の恨みによる裏切りもありました。
発覚を恐れて自己都合で一方的に押し付けた交際の解消が相手を激怒させることがあります。
週刊誌新聞人権団体などに泣きつき、報復されるケースも少なくありません。
個人攻撃だけでは済まなくなる場合もあります。

政治家や有名人、会社経営者、医者、弁護士、公務員などは特にモラルを問われる職業で、浮気や不倫の暴露は避けたいものです。

大学病院勤務の医師
通常どおり診療し、普通の患者さんだと思っていました。診療が終わり突然ジャーナリストの名刺を渡され、確認したいことがあるというので勤務時間後に約束をしました。何のことか分からずに行くと、数年前に交際していた相手のとのことでした。来月、大きな発表を控えており重要な時期でした。なんで今更・・・と疑問を感じましたが公になると困るので掲載を止めてもらいましたが、何度も連絡が来るので相談しました。

脅迫まがいの記事は、寝かせておいて頃合いをみて利用されることが少なくありません。

離婚専門弁護士
地域密着で離婚における相談を主に扱っています。あるクライアント女性の離婚の相談を行っていました。実は彼女とは高校の同級生で、元カノでした。当時はお互い既婚者でしたが、おたがい好意がありホテルに行ったことが何度かあったのです。まさかと思いましたが、その不貞行為をネタに記者が来て強要されることに・・職業柄、相談できないないので水面下で話をすすめられるこちらに依頼しました。

浮気や不倫は弁護士でも脅迫のネタになります。

教師 中学校教師の盗撮
勤務先で盗撮をしてしまいました。気づいたのはおそらく同じ勤務先の学校の教師Aです。彼女の知人に記者がいて、学校に取材に来たことがありました。記者から突然声をかけられて喫茶店に行くと僕が仕掛けた小型カメラを持っていて脅されました。教師の盗撮は多く、ニュースになっていると言われました。金に困っているとも言っていました。怖くなって相談しました。

脅迫犯は、金銭の要求時に金額提示をしないことがあります。

会社経営者 親族のトラブル/dt>

地元では有名な老舗のお菓子メーカーです。親族に宗教に熱心な信者がいまして、詐欺行為を行っていた疑惑があります。この人物は、会社とは関係ないのですが霊感商法を行っており、苗字も同じですぐに記者の勘が働いたのだと思います。宗教トラブルの被害者の声と言いながら脅迫してきました。すぐに金が目当てだと分かったので相談しました。

大手や、老舗の経営者はジャーナリストの目が留まりやすく脅迫されやすいでしょう。政治家や芸能人などの有名な人物も同じです。

 

マスコミを利用しての憂さ晴らし対処方法

マスコミが取材するきっかけを画策されることがあります。
ライバル、内部告発を企てる社員やなどに陥れられたり、浮気相手や愛人からのハニートラップ疑惑もあります。
ジャーナリストに入ったネタは裏撮りされ、記事になり公表されます。
事実が公表される最悪の事態です。

家族だけではなく、職場や取引先、クライアントまでをも巻き込んだ嫌がらせ被害の解決もありました。
この場合は当事者間での解決が難しいので早期ご相談をおすすめします。

背後に反社会的組織(暴力団、ヤクザ、ハングレ)などがいる組織的な犯行のケースもあり、恐怖から要求された金額を支払ってしまうことから更なる被害が始まります。
人の弱みに付け込んで脅迫してくる者や、
それに乗ってうま味を得ようとするものを許してはいけません。

脅迫された時に感じる圧力、これから起こるトラブルを考えると夜も眠れず不安で仕方が無いと思います。
相談先も無く、ひとりで考えると精神的にも不安定になります。
一人で悩まずご相談ください。

アイ総合コンサルタントは、
人の弱みに付け込む者を許すことはできません。
問題解決に向けて取り組みましょう。

脅迫犯の要求に応じてはいけません。
1度だけならと軽く考えて言いなりになると取り返しのつかないことになります。

「弱み」を知られることで脅されます。
今まで友好的な関係にあった人物でも、あなたの弱みを知ることで豹変することがあります。
これは、注意すれば避けられることです。
普段の冷静な状態であれば「友人に相談」など絶対にしなくても、パニック状態に陥った思考では異性の知人に話してしまうケースがありました。
親身になって相談に乗ってくれた相手が脅迫してくるケースはよくあります。
同級生に相談し、脅されたケースもありました。

脅迫は、人間として許せる行為ではありません。
人の弱みに付け込む者を許してはいけません。

勤め先や住所などを知られている場合は、早めのご相談をおすすめします。

警察や弁護士などにも相談できず、相談先も無くひとりで不安をかかえている間も時間は過ぎていきます。
脅迫には期限を設けられていることも多いので、早めの対策が必要です。

脅迫する側の考えとしては、
弱みを握っているから要求に応じるしかないだろう」という思考が働いています。
また、被害者としては
「一度の要求をのんだら終わる」と都合よく解釈して相手の要求に応じてしまいます。
しかし、一度相手の要求に応じると、どんどんエスカレートしていきます。脅迫犯にとっては要求が通るあなたは「カモ」です。都合のいいカモは手放さないのです。
更なる要求を被害者に押し付け、要求を通そうとしてきます。

地位や名誉を利用した犯罪を強要されたら、
次もまた次も応じなければならない負のスパイラルの始まりです。
絶対に避けなければいけません。
相手のペースにのみ込まれます。
脅迫犯の都合のいいように利用されてはいけません。

犯罪や不正行為のネタは脅迫しやすく
脅迫される側からすればトラブルが雪だるま式に膨れ上がる不条理な状況です。

ゆすりやたかりを行う相手にとって都合のいいように利用されてはいけません。

一人での解決が難しくても、諦める必要はありません。
アイ総合コンサルタントは、ご依頼いただいた方のために長年培ってきたノウハウを駆使して解決します。
ここで人生を棒に振ってはいけません。
アイ総合コンサルタントは、秘密厳守です。情報が外部に漏れることはありません。安心してご相談ください。

 

誰にも知られずに恐喝を解決する方法
誰にも知られずに恐喝を解決する方法

アイ総合コンサルタントはあらゆるトラブル解決実績のノウハウを活かしさまざまなトラブルを解決しています。

脅迫被害解決/恐喝被害解決/男女トラブル解決/交際トラブル/DV被害解決/結婚トラブ解決/
離婚トラブルの解決/浮気トラブルの解決/不倫トラブルの解決/愛人トラブルの解決/
別れ話トラブル解決/ストーカートラブル解決/レイプ被害解決/縁切り問題解決/
つきまとい被害の解決/風俗トラブル解決/美人局被害トラブル解決/
リベンジポルノ解決/セクストーション解決/SNS関係トラブル解決/
同性愛(性的マイノリティー、トランスジェンダー)トラブル解決/
結婚詐欺トラブル解決/出会い系詐欺トラブル/詐欺被害トラブル解決/詐欺被害トラブル/
宗教トラブルの解決/家族トラブルの解決/遺産相続トラブル解決/裁判トラブル解決/
人間関係トラブル解決/いじめ被害解決/セクハラ被害解決/
暴力団や半グレ等反社会的人物及び組織とのトラブル、犯罪被害トラブル解決

警察や弁護士、探偵などでは解決が出来ない特殊なトラブルや問題も諦めずにご相談ください。

完全秘密厳守で対応いたします。
必ずお力になることをお約束します。

初めてトラブルに巻き込まれた方は不安や恐怖心を感じています。
でも、安心してください。
アイ総合コンサルタントは、あなたの味方です。
お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせは 0120-007-808

メールでのお問い合わせ

全国47都道府県対応

北海道 札幌 青森県 青森 岩手県 盛岡 宮城県 仙台 秋田県 秋田 山形県 山形 福島県 福島 茨城県水戸 栃木県 宇都宮 群馬県 前橋 埼玉県 さいたま 千葉県 千葉 東京都 東京 神奈川県 横浜 新潟県 新潟 富山県 富山 石川県 金沢 福井県 福井 山梨県 甲府 長野県 長野 岐阜県 岐阜 静岡県 静岡 愛知県 名古屋 三重県 津 滋賀県 大津 京都府 京都 大阪府 大阪 兵庫県 神戸 奈良県 奈良 和歌山県 和歌山 鳥取県 鳥取 島根県 松江 岡山県 岡山 広島県 広島 山口県 山口 徳島県 徳島 香川県 高松 愛媛県 松山 高知県 高知 福岡県 福岡 佐賀県 佐賀 長崎県 長崎 熊本県 熊本 大分県 大分 宮崎県 宮崎 鹿児島県 鹿児島 沖縄県 那覇  全国47都道府県対応

全国出張いたします。
お気軽にお問い合わせください。