女性の飲酒トラブル

厚生労省調査が中高生の飲酒習慣(月1日以上)の割合を調べたところ、
15年ほど前から大幅に減ってはきているようですが、男子より女子の飲酒の割合が高くなり逆転したことが分かりました。
中高男女で飲酒経験者は計276万3千人、月1日以上の飲酒は75万2千人、週1日以上の飲酒は15万8千人いると推測されています。
原因ははっきりしていないようですが、研究班の鳥取大教授によると「大人になり飲酒の頻度や量が多いまま妊娠すると、胎児に悪影響を及ぼす可能性があり、注意が必要である」と指摘しています。

この調査は1996年、2000年、2004年、2008年、2010年、2012年度の6回にわたり行われています。
全国の約10万人前後の生徒が回答したものを分析したものです。
国際的には、若年者の飲酒習慣は「月1日以上の飲酒」をさすことが一般的とされています。

 

飲酒トラブル

女子中高生の飲酒の経験は、大人とのつながりが理由なのではないかと言う声もあります。援助交際や出会い系を通じた大人との係りの中でも飲酒を勧められることがあると言います。
また、酒に酔わせてみだらな行為を企む大人がいることも問題です。
未成年を性の対象とする大人の犯罪は大変多いのです。

飲酒は、大人の女性でもトラブルが多い問題です。だらしなく酔った女性はレイプや窃盗の的になりやすく、襲われた挙句、金品を取られたり、レイプ被害を撮影されて脅されることもあります。

レイプ被害は、男性恐怖症や対人恐怖症などの精神的な問題を引き起こすこともあります。

 

飲酒トラブル 性被害の解決

飲酒がきっかけで起こるトラブルは、美人局や性被害、男女トラブルや金銭トラブルなどさまざまです。
解決は、アイ総合コンサルタントへご依頼ください。
アイ総合コンサルタントでは、警察のOBをはじめトラブル解決のエキスパートです。
秘密厳守ですので多くのお客様からお喜びの声を頂いております。
一人で悩んでいるのではなく、解決に向けて真剣に取り組みましょう。

※無料相談はしていません。

 

誰にも知られずに恐喝を解決する方法
誰にも知られずに恐喝を解決する方法