飼い犬のトラブル トラブル解決はアイ総合コンサルタント

近隣トラブルの中でも、飼い犬のトラブルは他のトラブルにも発展する問題となっています。
ペットの絡む問題は、臭いや音、糞の問題だけではありません。
飼い主のモラルが問題になっているだけではないのです。
犬を家族のように可愛がる方も多いようですが、犬はあくまでもイヌであり人間では無いのです。

 

児童ら襲った犬 人になれているのに・・

大分県中津市で19日、登校中の小学生など7人が犬にかまれてケガをした問題がありました。

中津市内の40代の男性が、「自分が飼い主である」と警察に名乗り出ていたことが分かりました。

路上で19日、集団登校していた小学生など7人が中型犬に噛まれ軽いケガをしています。この犬は体長が約65センチ、赤い首輪をした雑種のオスで、約2時間後に捕獲されました。

人に慣れていることなどから飼い犬の可能性が高いとみられ、飼い主の男性も名乗り出ています。

 

犬の本能を知ってトラブル回避

ペットの小型犬を飼っている家庭も多いですね。この小型犬を飼っている人にトラブルが多いのをご存知でしょうか。
ご近所トラブルのきっかけになっていることも。
本来の犬は、いきなり触ろうとすれば噛むものです。
自分の犬と同じように他人の犬を触ろうとして噛まれトラブルになっていることもあります。
また、散歩中に中型の猟犬に吠え付いて噛まれた小型犬もいます。
これらの問題は、小型犬の飼い主に問題があると思われます。
大きな声を出したら、犬はびっくりたり怯えると威嚇するでしょう。それでも近寄ったり、石を投げたりすれば攻撃的にもなります。
犬が襲う背景にはそれなりの問題行為があると考えられます。
犬は、人間よりも行動がシンプルです。
弱いものいじめをすることも無ければ、上下関係もしっかりしています。
それを扱えない人間に問題があるのです。

近隣トラブルの解決はアイ総合コンサルタントへご依頼ください。

 

誰にも知られずに恐喝を解決する方法
誰にも知られずに恐喝を解決する方法