迷惑行為 セクハラ 解決

セクハラ行為にお困りの方、アイ総合コンサルタントへご依頼下さい。
セクハラ行為を見てみぬふりをされていませんか?社内で起こるセクハラ行為は、周りのものが助ける傾向にないことが多いのです。
「嫌なら、辞めればいい」
「関わりたくない」
そういう思いでいることがほとんどです。
助けることで、自分が不利な立場になることがあるからです。
巻き込むこともしてはいけないことかもしれません。
アイ総合コンサルタントでは、辛い思いをされている方からのご相談が多く寄せられています。

 

加古川市職員 店員にセクハラ 兵庫県加古川市

兵庫県加古川市環境部の50代男性職員が複数回にわたるセクハ繰り返していたことが分かりました。
この男は、勤務中にコンビニエンスストアに立ち寄り、複数の女性店員にセクハラ行為を繰り返していたと言うのです。
市も問題を把握していたが、店側の意向を理由に職員の処分は見送っていたそうです。

この職員は一般家庭ごみの回収中に市内のコンビニを繰り返し訪れ、
約1年前から女性店員の体に触れるなどしていました。
店員の腕をつかんで、自分の下半身を触らせようとしたこともあったようです。
被害に遭った複数の店員が店を辞めています。

市に届いた苦情メールで事件が発覚しました。
同部幹部らが店の防犯カメラなどを確認したうえで「悪質で、明らかな処分対象行為」と判断しました。
しかし、店側から「再発防止だけを願います」などと求められたことから、
職員の所属する課を対象とした注意や倫理指導にとどめたようです。
問題は一定の解決ができたとして市長には報告していませんでした。

 

セクハラは解決しないとやらせ損!

セクハラの解決は、アイ総合コンサルタントへご相談下さい。
セクハラ被害は、何らかのことを起こさなければ被害者がされ損です。
悔しい思いをはらしたいと思いませんか?
恥ずかしいから、なかなか話すことをためらう気持ちは十分理解できます。
アイ総合コンサルタントへ、秘密厳守ですので安心してご相談ください。

※無料相談はしていません。

 

誰にも知られずに恐喝を解決する方法
誰にも知られずに恐喝を解決する方法