架空請求 詐欺

一時は架空請求詐欺などとしてシニア世代に向けて注意を呼び掛ける声も多かったのですが、
「発注したように見せかける」
「出張したように見せかける」など架空請求の問題は会社内でも起こっています。

 

捜査費 着服

調査費用を着服したとして50代の男が書類送検されました。内部監査で発覚したようです。
内偵捜査をしたように装い架空の経費を請求して、捜査費の詐取や着服を繰り返した疑いが持たれているとして警視庁は、
生活安全特別捜査隊の53男性警部補を懲戒免職としました。詐欺と業務上横領容疑で書類送検されています。
また、別件で、捜査と無関係の駐車料金に捜査費をあてるなど経費の流用をおこなったとして、50歳の男性警部補ら8人を減給処分などにし、監督責任から生活安全部理事官ら15人を注意などの処分にしたことも分かりました。

送検容疑は計15回にわたり、違法風俗店や飲食店に客を装って潜入し、営業実態を調べたなどとする虚偽の書類を作り、
捜査費計約15万円を詐取したり着服したりしたなどが分かっています。
立件分以外にも約35万円の捜査費を不正に受領しており、
「部下との飲食代などに使った」と容疑も認めているようです。

 

内部調査 内部監査

警察も民間も不正を働いている者はいないとは言えません。
対策は必要です。
巨額の横領にもなかなか気が付かない管理体制は論外ですが、
チェックの隙間を通り抜けて、行われる横領背任問題は
知恵比べのようなものかもしれません。
諦めずに頑張りましょう。

※無料相談はしていません。

秘密厳守ですので安心してご相談ください。

 

誰にも知られずに恐喝を解決する方法
誰にも知られずに恐喝を解決する方法