危機管理 対策

札幌で落下した看板の下敷きになった事故が起こりました。
危機管理は、大事です。
事故やトラブルを未然に防ぐことは、不可能ではありません。
トラブルが起こった時は、アイ総合コンサルタントへご相談ください。

 

看板 落下事故

札幌市中央区15日午後1時55分頃、飲食店「札幌かに本家札幌駅前本店」が入る7階建てのビルから看板の一部が落下しました。
歩いていた21歳の看護助手の女性の頭に当たってしまったのです。
看板は縦約30センチ、横約1・5メートル、奥行き約30センチの鉄製でした。15メートルほど上から落下したようです。
店舗の壁面にボルト4本で固定されていたが、腐食が進んでいたとみられます。
同日、事故前の午前11時頃にも看板の別の一部が落下していたという報告もあります。

北海道警札幌中央署によると、女性は首と頭の骨を折っており、病院に搬送されたものの意識不明の重体です。

札幌管区気象台によると、札幌市中央区の観測地点では15日午後1時47分に25・4メートルの瞬間風速を観測しており、
警察が落下原因を調べています。

目撃者によると、女性はピクリとも動かなかったようです。

 

危険管理 危機管理 対策

事故もトラブルも発生前には何らかの兆しがあります。
それに対応することが危機管理には重要です。
とくに、ストーカー問題の場合は、警察に相談することでストーカーの心理を大きく揺さぶることにつながります。
三鷹のストーカー事件もそうですが、犯行のきっかけになることもあります。
慎重な対策が必要でしょう。
アイ総合コンサルタントへご相談ください。

※無料相談はしていません。

秘密厳守ですので安心してご相談ください。

 

誰にも知られずに恐喝を解決する方法
誰にも知られずに恐喝を解決する方法