貸金回収の心構えと人間関係

おおかたは請求しても払ってもらえないのでこういうサイトを覗いていると思います。

ところが本当に「請求」しているのでしょうか?

回収できないほとんどの人は請求していない
え? 請求してるって? でも、おそらくこうではないでしょうか?

困るから払ってよ!

考えてみてほしい。

『あぁ、オレが払わないんで困ってるんだ』と思う人なら請求しなくても既に払っていますので、貸主が困ろうが知ったことではないのが借主のホンネ。

返さない相手との人間関係?

理屈は抜きにして、友人・知人の区別をつけないとカネは回収できません。あるいは、この区別をつけられない人が踏み倒されます。

尋ねますが、アナタの友人はアナタが困ることを平気でするような人なのでしょうか?

友人の定義は別として、友人ならお互いに困るようなことを強要したりしませんよね。仮に返せなくなったとしたら、友人だったらまずは謝りにくるはずです。貸している側も、お金に困って返せなくなった友人に辛くあたることもないはずです。

つまり・・・・

カネを借りながらもばっくれてる輩は友人ではない
カネを返してもらえなくて怒りがこみ上げてくる相手は友人ではない
これは真実です。となれば、その相手は知人=顔見知りということになります。

友人と知人の区別をつけれない人が泣きをみる

知人とは基本的に私生活の付き合いがない人を指し、大雑把には次の4つに区別できると思います。
私生活に密着した顔見知り (同じマンションの住人など)
元配偶者、(元彼氏/彼女を含むのかは謎)
身内や友人を含めて対人関係の「濃さ」は主に冠婚葬祭の対応に顕れます。

行動選択の自由がある環境にいればの前提ですが、『へ~アイツ結婚するんだ』と聞いたとき、仕事を休んでまで出席するか否か???

葬儀も同じ。身内に不幸があったとき、縁の距離(主には親等)によって優先順位が違ってくるはずです。

冠婚葬祭を優先しない相手はたまたま顔と名前を知ってるだけです。

たまたま顔と名前を知ってるだけの人に義理立てしたり遠慮する必要は全くないとは思いませんか?

このあたりは土地柄や生活環境も関係してきます。

不可解な慣わしに従わなければならない環境で生活しているのなら、一般的には薄い関係でもアナタにとっては「濃い」関係かもしれません。

トラブルの解決は、アイ総合コンサルタントへご依頼ください。

※無料相談はしていません。

秘密厳守ですので安心してご相談ください。

 

誰にも知られずに恐喝を解決する方法
誰にも知られずに恐喝を解決する方法