強姦虚偽

痴漢やレイプなど性的な被害は多くの女性傷つける行為です。
一方、これらの被害をでっち上げられ、大きく人生を狂わせられている人がどれだけいるのでしょう・・・
恐ろしい痴漢や強姦の冤罪事件。

 

強姦罪で服役の男性釈放!被害は虚偽

強姦罪と強制わいせつ罪で懲役12年が確定して服役していた男性が釈放されました。
大阪地検は、無罪の可能性が高いとして釈放したと発表しています。
服役していた男性からの再審請求を受けて再捜査したところ、被害者らの証言が虚偽だったと判明したのです。

刑に服している者が再審開始決定前に釈放されるのは極めて異例です。
あの有名な「足利事件」以来なのだそうです。
男性は04年11月から08年7月にかけ、同じ女性に対して乱暴したとする3件の強姦、強制わいせつ事件で逮捕されました。
捜査段階から一貫して無罪を主張したが、11年に懲役12年が確定して服役していました。
男性は今年9月、再審を請求し、地検が改めて捜査した結果、
被害女性と目撃者が虚偽の証言をしていたことを認めたといいます。
新たな証言を裏付ける客観証拠も判明し地検は被害自体がなかったと判断しました。

 

性犯罪と女性の虚偽 陰謀説 でっち上げ事件

性的な犯行をネタに脅されるといったトラブルは起こっています。
多くは、金銭の要求などが目的です。
しかし、この目的が達成されない場合に逆恨みから事件がねつ造されることも考えられます。
今回の件は、目撃者も女性側と内通していたものと疑いがもたれます。
ひどい事件ですね。美人局と似ています。

トラブルの解決はアイ総合コンサルタントへご依頼ください。

 

誰にも知られずに恐喝を解決する方法
誰にも知られずに恐喝を解決する方法