マタハラ問題 マタニティーハラスメント

マタニティーハラスメント、通称「マタハラ」問題は、女性の社会進出の反面、少子化問題と難しく結びついています。
これは、経済力のない日本の難しい問題です。
女性が経済力を持たなければ家庭が成り立たない生活の現状と、育児の負担はあまりに矛盾する現状です。
それを企業側に負担させるのもまた問題なのではないでしょうか?

 

「たか〇友梨」マタハラ訴訟 訴え取り下げ

産休の取得を妨害されて勤務の配置転換にも応じないマタニティーハラスメントがあったなどとして、
大手のエステティックサロン「たか〇友梨ビューティクリニック」の女性エステティシャンが、運営会社「不二ビューティ」に対し、慰謝料と未払い残業代計約1600万円の支払いを求めて東京地裁に起こしていました。
この訴訟は、12日に第1回口頭弁論が行われる予定でしたが女性側が訴えを取り下げ、訴訟が終結しました。

不二ビューティは「和解が成立し、取り下げとなりました」と話し、
女性が加入する労働組合「エステ・ユニオン」と、「女性が働きやすい職場環境作りに取り組んでいくことで合意した」とされています。

 

マタハラの相談は、アイ総合コンサルタントへご依頼ください。

セクハラ、パワハラ、マタハラなど勤務先でのトラブルの解決はアイ総合コンサルタントへご相談ください。
当事者間での問題解決が難しくこじれていることも多く、従業員の方からだけではなく、
経営者の方からのご相談も多く寄せられています。
一度勃発した問題は、放置することで広がることも多く、一人から数人、過半数へと大きく広がり、
労働組合の立ち上げなどに発展することもあります。

アイ総合コンサルタントへでは、企業の内外に問わずトラブル解決の先駆者として活躍しています。
秘密厳守ですので、多くのクライアントからお喜びの声を頂いております。
無料でのご相談は一切しておりませんので、解決に向けて真剣に取り組みたい方のみアイ総合コンサルタントへご依頼ください。
まずは、現状把握のヒアリングのご依頼をお待ちしております。
完全ご予約制です。お近くにお伺いすることも可能です。
トラブル解決は専門家にお任せください。

 

誰にも知られずに恐喝を解決する方法
誰にも知られずに恐喝を解決する方法