パワハラ自殺

パワーハラスメントは、多くの職場で密かに行われていることもあれば、従業員の前で公にパワハラ行為が行われ、イジメや嫌がらせに苦しんでいる方がいます。
社内にはもちろん、家族にも相談できずに苦しんで逃げ場を求めているのです。
アイ総合コンサルタントでは、十分なヒアリングをまず行い、現状を把握してから問題解決へと取り組みます。
ヒアリングから費用を頂いてお話を聞かせて頂きます。
異変に気付いたご家族の方からご相談を頂くこともございます。
まずは、ヒアリングのご依頼を行ってください。

 

パワハラで19歳自殺!死んでからでは遅い解決!

パワーハラスメントは、耐えがたい問題です。毎日が地獄のような日々でしょう。
しかし、そこから逃れるために命を落としてはいけません。
必ず解決策があるはずです。

福井市の消防設備会社に勤務していた当時19歳の男性が自殺したのは上司による暴言などパワーハラスメントが原因でした。
亡くなった男性の父親が会社や当時の上司2人に賠償を求めた訴訟の判決が福井地裁でありました。
裁判官は、父親の主張を大筋で認めて、会社と上司1人に計約7260万円の支払いを命じています。
未成年者へのパワハラと自殺との因果関係を認めた判決は全国でも初めてなのだそうです。

判決によると、男性は高校卒業後、消防設備会社に入社しました。
直属の上司であった31歳の男性から「辞めればいい」「死んでしまえばいい」などと繰り返し言われて、うつ病を発症しています。
そして12月6日朝に自宅で首をつって自殺したのです。
男性は上司に、「まずは直してみれば?その腐った考え方を」など上司の発言をノートや手帳に記録していました。
裁判官はこのうち23の発言について「男性の人格を否定し、威迫するもの。典型的なパワハラといわざるを得ない」と指摘しています。

 

パワハラの解決は、アイ総合コンサルタントへご依頼ください。

自殺の選択をしないでください。
パワハラは、精勤的にも肉体的にも苦しい問題です。
弱いものに行われるパワーハラスメントは、当事者では解決できないものです。
一人で抱える問題としては難しいことは、第三者を介して解決すればよいのです。
命を落としても、悲しむのはあなたの家族や大切な人だけです。
何の復讐にもならないと考えてください。

アイ総合コンサルタントでは、警察のOBをはじめトラブル解決のエキスパートです。
諦める前に、ご依頼ください。

 

誰にも知られずに恐喝を解決する方法
誰にも知られずに恐喝を解決する方法