パワハラ自殺! パワハラ解決はアイ総合コンサルタント

社会は決して平等ではありません。
上司と部下の関係は、対等ではありませんし、
経営者と従業員も同じ立場ではないのです。
現実的には、下の立場が弱いものとして上司に従うのが日本の社会です。
これをGoogleの社長が指摘していました。
いいアイデアを出しても、上司の顔色をうかがうのは良くないと。
しかし、この日本の伝統的な考え方をなかなか拂拭できるものではありません。
現に、リスクを負って会社を立ち上げた者の下で働く場合は、
オーナーの意志にそぐわないものは、会社を去ることになるのです。

だからと言って、横行するパワハラやセクハラ、マタハラを容認してはいけません。
許される問題ではないのです。

 

ステーキ店長が自殺! パワハラが原因か。

「ブラック企業」という言葉が世間で認知されるようになりました。
民事裁判において過労自殺に対する賠償が認められる判決が年々増えている言う弁護士もいます。

ステーキ店の24歳の店長が自殺をした問題がニュースで騒がれました。
上司からの「使えない」「馬鹿だ」などの、職場での暴言や、暴行があり、
また、亡くなる直前の半年間での休みは2日のみであったそうです。

この上司は、社長が出席する本部での朝礼の中でもパワハラを行ったことがあったようです。
またプライベートな時間をも拘束させるような行為も指摘されています。
結果、裁判所は度を越した労働環境が、男性を追い込んだと認定しました。

 

死んでからでは遅い!パワハラ解決はアイ総合コンサルタントへご相談ください!

パワハラやセクハラ、最近ではマタニティーハラスメントも社内トラブルとして問題になっていますね。
これらの職場トラブルは、日本社会ではなかなか表面化しずらい問題として扱われています。
こういったハラスメントの解決を水面下で行いたい方も多く、アイ総合コンサルタントでは男性女性を問わずご相談を寄せられています。
強く解決を望む方は、今すぐお電話ください。
十分なヒアリングから解決へ取り組みましょう。

 

誰にも知られずに恐喝を解決する方法
誰にも知られずに恐喝を解決する方法