今後もなくならないニセ霊能者

残念ながら、今後もこうしたニセ霊能者がなくなることはありません。魂を低級霊に売り渡すようなニセ霊能者が、今しばらくは横行することを覚悟しなければなりません。

最大の原因

物欲に染まった世間の人々が、低俗なことを霊能者に期待し要求するという現実があるからです。そうした人々の醜い欲望に支えられて、霊能者は容易に人々を騙し、簡単にお金や名誉を手にいれることができるのです。ニセ霊能者にとっては、何の努力もせずに金銭欲や虚栄心を満たすことができるため、間違っていると知りつつも、ズルズルと不正を続けていくことになるのです。

そのようなニセ霊能者の背後から、低級霊の強い働きかけがなされるようになります。低級霊は、彼らの低俗な欲望を利用して、いいように操るのです。霊界からニセ霊能者を煽り、スピリチュアリズムの発展を阻止しようと企むのです。ニセ霊能者はそのための、実に都合のいい手足なのです。大半の霊能者は一般の人々と同様に、金銭欲・物欲・名誉心といったこの世の誘惑にとても弱いのです。そして霊的に未熟であるために、煩悩の誘惑に打ち勝つことができないのです。

ニセ霊界通信やニセ霊能者がはびこる現在の未熟な地上世界においては、私達スピリチュアリストが、常に彼らの動きに目を光らせていなければなりません。ニセ霊能者の行動を牽制し、彼らの存在は、本当のスピリチュアリズムとは無関係であることを、人々に訴え続けなければなりません。

とは言っても、低俗な欲望の虜(とりこ)となったニセ霊能者によって、スピリチュアリズム全体の発展が阻止されるようなことはありません。スピリチュアリズムは、霊界からの援助を背景とした「本物のスピリチュアリスト」を中心として、地上への強力な働きかけを展開していくことができるからです。不正を行う人間が多数であったとしても、真のスピリチュアリズムの足場となる人間がいるならば、何も心配する必要はないということなのです。

トラブルの解決は、アイ総合コンサルタントへご依頼ください。

※無料相談はしていません。

秘密厳守ですので安心してご相談ください。

 

誰にも知られずに恐喝を解決する方法
誰にも知られずに恐喝を解決する方法