犯罪に使われるレンタル携帯!

レンタル携帯と言っても、ピンとこない人も多いのではないでしょうか?
ほとんどの方はレンタルで携帯電話を利用する日常を送っていないと思います。
利用するといっても、海外旅行をする時ぐらいではないでしょうか?

 

本人確認不備!犯罪の温床4796回線!

全国の警察が、ヤミ金融事件などで家宅捜索した計8のレンタル携帯事業者が貸し出したとされる4796回線の契約状況について調べた結果、
本人確認のための契約書が正しく作成されていたのはなんと0件だったことが分かりました。
振り込め詐欺ヤミ金融などの事件では犯罪の跡をたどれなくするためにレンタル携帯が使われているケースが多く、
本人確認を義務付けた改正携帯電話不正利用防止法施行後も犯罪の温床になっている実態が露になりました。

4796回線のうちの4618回線で事業者と利用者との契約書が作成されていたが、生年月日や住所など必要な項目がすべて記載されていたのは約3%の144回線だけだったといいます。
このうち113回線を貸し出していた事業者は、
「元々、契約書は作成していなかった。警察から照会があったので(後付けで)偽装した」と話しているそうです。
残る31回線も、契約書の添付書類である運転免許証のコピーはすべて偽変造されたものであったそうです。

 

怪しい事に巻き込まれない!巻き込まれても早めの対応で解決を!

詐欺や金銭トラブル、男女間のトラブルなどに巻き込まれることは誰にでも考えられることです。
巻き込まれた時に相談相手がいるのといないのとでは大きく結果が異なるでしょう。
しかし、相談相手を間違うと二次被害に陥るリスクもあります。
解決が望めない人物に相談することは、デメリットでしかないのです。
むやみやたらに話すことで社会的な地位を失う、信頼を失う、家族を失うなど
考えものです。
まして、無料相談などで自らの失態を話してしまうのは論外でしょう。

誰にも知られずに恐喝を解決する方法
誰にも知られずに恐喝を解決する方法