リベンジポルノ 別れ話トラブルの解決

元交際相手の女子高校生を殺害した罪に問われ、1審で懲役22年の判決を受けた元交際相手の2審の裁判が始まりました。

みなさんの記憶にも新しいと思われる事件ですが、去年10月、東京・三鷹市で高校3年生の女子生徒が殺害され
た事件で
ストーカー行為をしていた元交際相手の池永チャールストーマス被告(22)が殺人などの罪に問われた裁判です。

 

別れ話のもつれからストーカー行為 ストーカー対策

1審では懲役22年の判決を言い渡され、東京高等裁判所で2審が始まりました。
被告は、1審では被害者の両親への謝罪を行いませんでしたが、
今回の法廷で「遅くなりましたが、お嬢さまの命を絶ってしまったことをおわび申しあげます。申し訳ありませんでした」と初めて謝罪のことばを述べたのでした。

この裁判で被告側の弁護士は「幼少期から虐待を受けていた成育歴が犯行に影響を与えた」と主張して減刑を求めました。
検察は「成育歴は被害者にとって関係なく、重視すべきではない。また真意から謝罪しているのかも分からず、更生の可能性が高まったとは評価できない」として控訴を退けるよう主張しました。

亡くなった女子高校生の両親が準備していた書面には、
「優しい娘がわずか18歳で未来を奪われ、わたしたちはどんなに謝られても許せませんし、被告の反省や謝罪を全く信用していません。人を殺したら命を差し出して償う。少なくとも一生をかけて償うのが当然で、被告の成育歴を考えても懲役22年は重すぎることはありません」と記されていたそうです。

 

ストーカー対策 リベンジポルノ解決はアイ総合コンサルタントへご依頼ください。

三鷹ストーカー殺人事件の裏では、リベンジポルノの問題も起こっていました。
被告が犯行を起こす前に被害者のプライバシー画像をネット上にアップしていたと言うものです。
被害者家族に一段とショックを与えるものでした。
軽い気持ちで撮った下着姿や裸の写真、ベッド写真は恐喝やリベンジポルノで利用される可能性が高く、
一旦拡散した画像や映像は拡散をするため、
現在だけではなく未来にも影響を与えるものと考えられます。
結婚や就職、友人間や交際相手との関係にも影響を及ぼすことにつながります。
早期解決が最も望ましい案件です。早期解決は、今すぐアイ総合コンサルタントへご依頼ください。
※無料相談はしていません。

 

誰にも知られずに恐喝を解決する方法
誰にも知られずに恐喝を解決する方法