リベンジポルノ

恋愛や夫婦関係にあった当時に撮った裸などの写真や動画を、別れた後に腹いせでインターネットに流出させる「リベンジ(復讐(ふくしゅう))ポルノ」の被害が深刻化している。このため、罰則を盛り込んだリベンジポルノ防止法が衆議院解散前の臨時国会で成立し、施行された。
防止法は、被写体を特定できる方法で個人的に撮影した裸の写真などをネット上に公表したり、公表させる目的で第三者に提供したりした者への処罰規定を設けた。公表した場合の法定刑は、3年以下の懲役または50万円以下の罰金だ。

また、プロバイダー(接続業者)責任制限法の特例を設け、プロバイダーが被害の申し出を受けて発信者に照会後、画像を消去するまでの期間を7日間から2日間に短縮した。
法には「私生活の平穏」との文言を盛り込み、プライバシーの保護目的であることも前面に打ち出した。

リベンジポルノ法案 3年以下の懲役または50万円 安すぎないか?

むしろ、合法的に別れるプログラムを用意すべきではないだろうか?
かつては恋人であったり夫婦であったり、会えない寂しさを写真で癒やすために、送った写真やビデオが別れた後に、恨みが積り、ネット上に後悔されてしまう事故が多発している。しかし、その情報はネット上にアップロードされた瞬間、一生つきまとうことになる。いや、ずっと将来の孫や子孫にまで影響する可能性だってあるのだ。

賢人であれば、最初からそんなことをしないというカタブツも多いが、恋人を想いやればやるほど、そんな想いになることがあるのが愚かな新メディアと対峙した人類の行動だ。会えない想いをせめてメディアを媒介してもコミュニケーションしようとする動物なのだ。

リベンジポルノ法案の罰金50万円は安すぎる!

一番、重要なのは、このような「リベンジポルノ法案」ではなく、別れる際の別れ方だと思う。
それが、まずいと。すべての過去の愛情表現の写真やビデオが武器へと変わる。そうさせないためにも、真摯に、かつ相手にも社会的にも十二分に理解される別れ方をすることが、実は法案よりも重要だと思う。
しかし、それが、理解できないヤカラが世の中にはたくさんいる。その罰則が3年以下の懲役もしくは罰金50万円というのは安すぎないか?
たかだか、50万円で相手の一生を破綻できるのならば安いものだとボクでさえ考えてしまう。殺人を犯してしまいたいほどの衝動を感じる人もいるからだ。せめて100万円、いや300万円、500万円…。
いや法律も、相手の収入に合わせて慰謝料のように変化させるべきだろう。1,000万円でも報復できるのならばと解釈する富裕層もいるからだ。そのほうが国庫金も潤うはずです。

トラブルの解決は、アイ総合コンサルタントへご依頼ください。

※無料相談はしていません。

秘密厳守ですので安心してご相談ください。

 

誰にも知られずに恐喝を解決する方法
誰にも知られずに恐喝を解決する方法