セクストーション(性的脅迫)を行う犯罪

犯罪トラブルは、自分でも知らないうちに巻き込まれてしまうケースも少なからずございます。ひょっとしてこれ犯罪かもしれないと少しでも疑問に思われるのであれば、一度ご相談下さい。その決断が早期解決へと繋がります。

セクストーション(性的脅迫)という犯罪をご存知でしょうか。これは被害者のわいせつな動画を取得した上で、「これを友人や家族にばらまく」と脅し、金銭を振り込ませるというものです。性的脅迫にはさまざまな手口がありますが、最近ではAndroidアプリを利用してオンラインで脅迫を行うという、新たな手口が使われるようになっています。

この手口による脅迫は2013年頃からアジア諸国で見つかっており、韓国や日本を中心に被害が拡大しています。2014年4月にはこの容疑で複数の犯人が逮捕され、22人の被害者が総額350万円を支払ったことが発覚しています。
これは決して他人事ではありません。あなたも気をつけていないと、被害に遭う可能性があります。その具体的な手口は、以下のようなものです。

1.まず犯罪者は、さまざまなソーシャルネットワークサイト(SNS)から、標的となる「被害者候補」を見つけ出します。

2.次に犯罪者はSNSを介して、被害者へのアプローチを行います。この時の犯罪者は、魅力的な異性を装っています。例えば被害者が男性であれば、性的魅力のある女性のプロフィール写真を掲載し、被害者に近づいてくるわけです。

3.被害者を騙した犯罪者は、相手に「わいせつな動画を交換しよう」と持ちかけてきます。

4.被害者がわいせつな動画を送ってしまうと、今度は「このアプリをインストールして続きはそのアプリで行おう」と勧めてきます。実はこれがとても悪質なアプリで、スマートフォンに保存された被害者の電話番号やアカウント情報、連絡先データを盗み出し、犯罪者に通知してしまいます。

5.4までが完了すると、犯罪者は金銭要求の段階に移ります。「お金を支払わなければわいせつ動画を家族や友人、知人にばら撒くぞ」という脅迫が行われるのです。犯罪者はすでに連絡先データを取得しているので、拒否すると本当に、わいせつ動画がばらまかれてしまう可能性があります。

6.自分のわいせつ動画を家族や友人、知人にばら撒かれるというのは、とても受け入れられることではありません。また内容が内容なだけに、他の人に相談することもできません。その結果、泣く泣く数万円から数十万円のお金を支払ってしまう、という結果になることが多いようです。

このような犯罪の被害に遭わないようにするには、どうすればいいのでしょうか。以下のことに注意すべきです。

・まず、実際に会ったことのない相手とのコミュニケーションは、慎重に行いましょう。SNSのプロフィールに掲載されている写真はもちろんのこと、名前や属性も、相手をだますための「嘘の情報」かもしれません。

・個人にとって重要な情報を慎重に扱う、という姿勢も必要です。いったんSNS等を介して相手に渡った情報は、どのような形で拡散するかわかりません。たとえ相手が知り合いだとしても、わいせつ動画をSNSでやり取りするのは、「リスクを考慮した適切な行動」だとはいえないはずです。

 

アイ総合コンサルタントでは、お客様の情報は外部に漏らさないのはもちろんのことですが、それ以外にもまずお客様を第一に考えており、常にお客様と連絡を取りながら解決していきますので、ご安心ください!私たちはトラブル解決はもちろん、お客様がお願いして良かったと思って頂けるように日々努めております。

トラブルの解決は、アイ総合コンサルタントへご依頼ください。

※無料相談はしていません。

秘密厳守ですので安心してご相談ください。

 

誰にも知られずに恐喝を解決する方法
誰にも知られずに恐喝を解決する方法