隣人トラブル

近年、急激に近隣トラブルについてのお問い合わせが増加しています。
一口に近隣トラブルといっても様々なケースが存在しています。

しかし、どれも放って置くと取り返しのつかないことになることがあります。TV等で殺人事件の報道がされるほどです。

土地境界トラブル

 

土地や家を売却する際には、買主と隣の家がもめてしまうようになることは極力避けるべきです。
隣との土地の境がきちんとしているという前提に立って測量をしなおしたら、塀が越境しているということがわかったということであれば、その塀を何らかの方法で取り除いてあげないと買った人が困ってしまいます。

解決方法があります。

買い取ってもらうことになった場合は、その土地の値段は最終的には2人の間で決めることになります。土地の値段には一応の相場はありますが、相場通りの金額でなくてもお互いが合意すればいいということになります。

ほかの解決方法としては、越境している部分を贈与してしまうという方法もありますが、贈与した場合には贈与税がかかる可能性があります。

他には、登記簿に土地の面積が記載されており、それが本当の実測面積と同じとは限らず、かなり違っていることもありますので、その登記簿の面積あるいはその測りなおした面積で売却するのも1つの方法です。

どの方法を採用するにしろ、隣の家との境界の問題を解決しなければ、問題を先送りしてしまうことになるので、今すぐに境界の問題を解決できない場合には、お互いに将来きちんと塀を壊して作り直すとなどの内容の合意書などを取り交わすのがいいのかと思います。
ただし、その合意書は隣の家との合意であり、新たに土地を買った人の問題でもあるので、買った人にもその合意書の内容が有効になるようにしないといけません。

 

もし、あなたが近隣トラブルに巻き込まれているのなら早急に解決することが必要です。
あなただけではなく家族も巻き込まれるケースもよくあるのがこの手のトラブルです。

トラブルの解決は、アイ総合コンサルタントへご依頼ください。

※無料相談はしていません。

秘密厳守ですので安心してご相談ください。

 

誰にも知られずに恐喝を解決する方法
誰にも知られずに恐喝を解決する方法