ストーカー被害に遭った時すべきこと

私はストーカーに現在遭っています。切っ掛けは飲み会で一緒になっただけの男性だったのですが、教えてもいないのに私のメアドをどこからか知ったらしく、次の日からしつこくメールが来るようになりました。家も調べたらしく、家の周りをうろうろするようになっています。どんなに無視しても「君のために手作り弁当を作った」など一方的なメールがきて凄く怖いのですが、どうすれば良いのでしょうか?

ストーカー対策は早急な対策が必要です!

「探偵」の依頼の一つに「ストーカー対策」があります。ストーカー事件の多発に際し近年ようやく法整備がなされ、警察の介入が容易になりました。しかしそれでも、証拠がなければ警察は動くことができません。

警察は民事不介入が原則なので、全て警察が悪いわけでもありません。そうしたことから、「ストーカー対策」というものは、ほぼ「探偵」や「民間ボディーガード」の独壇場となっています。

 

15年ほど前に社会問題となり、ストーカーを扱ったテレビドラマが同じクールで2つ同時に放映するなど一気に浸透しましたが、90年代前半以上前は、ストーカーという言葉自体がなく、「変質的な愛情表現」をする人を表す言葉自体がありませんでした。

もともと男女間のもつれは“知り合い同士”の男女の問題だという考えもあったせいか、年代が上の人ほど被害者が粘着行為をされるのは、「加害者に対して、酷く振るなどの恨みを買うようなことをしたからだ」という思い込みがあるように感じます。

実際に、そうした「振られた」などの事が発端となってストーカーが生まれることは多く、元交際相手がストーカーになるパターンは非常に多いのですが、現在はネットの普及や、コミュニケーション能力の欠落、人と人が接することの経験不足から、知り合いとも言えない間の異性に異常行動を取るストーカーが多くなりました。

 

 

異性に間に入ってもらうことは止めましょう

恋人や異性の友達に、「こいつは迷惑しているんだよ! 気持ち悪いから止めろ!」と言ってもらうようなことを頼んではいけません!! 身近な異性に対処して貰うことが真っ先に浮かぶかもしれませんが、異性が間に入ると絶対に好転しません。

もちろん相談すること事態は問題はないのですが、ストーカーと接触させることは危険です。

もともとストーカーとは思い込みが強い人間がなるので、「俺らの仲を引き裂くつもりなんだな」と思い込まれます。「アイツさえいなければ、問題なく付き合えるのに」などと思われると、頼んだ異性に被害が及んでしまうかもしれません。

ストーカーは貴方に対して実害を及ぼすことは最後の最後かもしれませんが、異性の障害に関しては全く躊躇しないと思って良いです。

 

トラブルの解決は、アイ総合コンサルタントへご依頼ください。

※無料相談はしていません。

秘密厳守ですので安心してご相談ください。

 

アイ総合コンサルタントでは、お客様の情報は外部に漏らさないのはもちろんのことですが、それ以外にもまずお客様を第一に考えており、常にお客様と連絡を取りながら解決していきますので、ご安心ください!私たちはトラブル解決はもちろん、お客様がお願いして良かったと思って頂けるように日々努めております。

誰にも知られずに恐喝を解決する方法
誰にも知られずに恐喝を解決する方法