出版トラブル

新聞や雑誌、本などの出版物は、芸能人をはじめ著名人を悩ます問題になるとこがよくあります。
もちろん、そこには作為を感じずにはいられないような内容をあからさまにでっち上げて書かれていることもありますね。
全ての内容を信じていては、事実が見えないこともよくあります。
「ペンは剣よりも強し」という西洋の戯曲からくる言葉もありますが、
新聞や雑誌、本を見て影響を受ける者は多く、間違いでは済まされない大きな被害を受ける者も裏には存在するのです。

 

出版差し止め求め提訴 「殉愛」

7月に発売された人気作家百田直樹氏が書いた「殉愛」。この出版を差し止めを求めた提訴が行われました。

今年1月に64歳で死去した歌手のやしきたかじんさんの晩年を書いたノンフィクション本「殉愛」では、
たかじんさんとさくらさんとの出会いはフェイスブックから始まり、
交際開始から死ぬまでさくらさんとは一度もセックスができなかったことや壮絶な闘病生活、
浮気、テレビ復帰、がん再発、
主治医が「これほど献身的に看病した女性を見たことがなく、今後も見ることはない」と語ったほどたかじんへの深い愛情なお。

たかじんさんの死後の遺族間の確執、金銭トラブルにいたるまで赤裸々に書かれているようです。

名誉毀損やプライバシー侵害をされたとして出版の差し止めを請求しているのは、
たかじんさんの長女41才です。
21日、出版元に出版差し止めと1100万円の損害賠償などを求める訴えを東京地裁に起こしました。

訴状には、
複数の虚偽の記述があり、「原告の私生活に関して誤った認識を与える」と指摘しています。
さらに、「百田氏は原告をはじめとした親族などに取材をして事実確認しようとしなかった」とも主張しているようです。

 

ビジネス社会のノンフィクション

本が売れない時代になりました。
そんな中で、この「殉愛」は売れに売れている本です。
ノンフィクションと言うことですが、どんな美談にも裏があるものです。
裏として描かれた人物は、たいてい悪者扱いされるので、比較の対象にはなりたくないですね。
本だけではなく、雑誌や週刊誌でも事実を表に出すと言うよりは、
「売れる」事を前提に考えられています。
そのネタにされないように、大きく人生を左右される被害につながります。

トラブルの解決はアイ総合コンサルタントへご依頼ください。

 

誰にも知られずに恐喝を解決する方法
誰にも知られずに恐喝を解決する方法