宗教トラブル

「オウム」と聞けば、地下鉄サリン事件などの凶悪犯罪を思いうかべる集団ですが、
オウム真理教が起こした事件も、風化の一歩をたどっているようです。
アレフやひかりの輪と言った名前を変えて信者を集めています。
この勧誘ですが、若者の間に広まっていると言うのです。
オウム以外にも宗教の勧誘は、宗教とは分からないような形で行われています。
女子会やヨガなどの場で行われることも多いのです。

 

「オウム」保有資産6億5千万円

オウム真理教に対する団体規制法の観察処分の期限が来年1月末で切れます。その前に、公安調査庁は1日、3年間の更新を求める請求書を公安審査委員会に提出しました。

教団資産が約6億5000万円にも膨らみ、構成員も増加していると指摘されています。
教祖である松本智津夫死刑囚(59)に「依然として深く帰依している」と危険性を主張しました。

教団への観察処分は2000年から始まり、処分中は教団施設に立ち入り検査を実施でき、教団側は構成員の名前などを定期的に報告する義務があります。

教団は、主流派の「Aleph(アレフ)」と、上祐史浩氏(51)が代表の「ひかりの輪」に分かれて活動しているようです。
拠点施設は国内15都道府県に計32か所あり、構成員は国内約1650人(うちアレフが約1450人)です。またロシア約160人。
3年前の更新請求時より国内で約150人、ロシアで約20人増加しています。

国内の増加人員の半数以上は35歳未満の若い世代となっています。

現預金などの保有資産は計約6億5000万円にのぼり約17倍にも膨らんでいます。
構成員からの布施やセミナー参加費が主な収入源でここ数年は毎年約8000万円のペースで資産を増やしているといいます。

 

資金集めが宗教!女子会やヨガなどに注意!

宗教は資金集めの手段です。自己啓発セミナーと言えば、宗教とは思わないかもしれません。
また、思わせないように集金しているでしょう。
そうやって資産を増やしていくのが最近の宗教です。
社会的な大きな事件を起こしたオウム、アレフなどでもこれだけ多くの資金を集めているのです。
トラブルになるのもうなずけます。

 

誰にも知られずに恐喝を解決する方法
誰にも知られずに恐喝を解決する方法