対立問題!

職場でも、地域でも、家族でも、学校でも意見が分かれることはよくあることですね。
考え方は人それぞれです。何を基準に考えるのか、また求める結果によっても変わってきますね。
個人の価値と、地域がもとめる価値が違った場合、
どうすれば自分の思うような結果が望めるのでしょう。

 

 

解体で対立、老舗料亭 いたずらも

今月22日の未明、名古屋市で元老舗料理店が全焼してしまう問題が起こりました。
この問題の背景には、市長と所有者の対立があったようです。
建物の保存を巡って対立していおり、雨戸が壊されるなどのいたずらが続いていたといいます。

火事が起こったのは古屋市の元老舗料理店「鳥久」です。
木造2階建ての店舗が全焼していますが、けが人はいませんでした。
鳥久の建物は、江戸時代後期から明治時代に建てられたとみられ大変古いものでした。
所有者はマンションへの建て替えを計画していますが、名古屋市の河村たかし市長が「保存したい」と取り壊しに反対していたといいます。
市長は「町のかけがえのない財産を失ったということです」と話しています。
所有者らによりますと、10日ほど前から雨戸を壊されるなどのいたずらが続いていたそうで、
「ひどいなという大きさにまで(雨戸の)穴が大きくなったのは3日前。何だこの姿はという感じ。もう悲しいばっかり。残念」と語っています。
建物を残したいと願う市長、壊してマンションにしたいと言う所有者の対立は火災で終わったようです。
警察は午後から実況見分を行い、詳しい火事の原因を調べています。

 

画策! トラブル解決はアイ総合コンサルタントへご依頼ください。

上記の火災が何故起こったのかは分かりませんが、
火災で全焼してしまった結果からは、今後マンションの建設が行われることになるのでしょう。
市長の望みは叶いませんでしたが、
火災と言う結果ではあったものの所有者の望みは叶うでしょう。
火災保険に入っていたとしたら、なおのことです。
トラブルの解決の仕方は、画策によって結果も変わってきます。
諦めないことです。

 

誰にも知られずに恐喝を解決する方法
誰にも知られずに恐喝を解決する方法