週刊誌契約記者のハニートラップ

ハニートラップを用いて記事のネタを作るとは週刊誌の記者は侮れない。

 ハニートラップとは、

異性をを誘惑し、性的関係を利用して懐柔するか、これを相手の弱みとして脅迫し機密情報を要求する諜報活動で、「色仕掛け」による諜報活動といえる。「性的な囮(おとり)」という意味である。

元県知事でタレント、昼のテレビでテレビでベッキーとロックバンド「ゲスの極み乙女。」のボーカル・川谷絵音の不倫騒動や、政治家のの金銭授受問題など、スクープを連発している週刊誌の驚きの取材手法をテレビで話していた。

その番組の出演者が気になっているニュースを取り上げるコーナーで、最近ベッキーの不倫騒動など、スクープを連発している週刊誌の話題になると、元県知事タレントが週刊誌誌の取材手法を話していた。

元県知事を務めていた当時のことを振り返り「ハニートラップってあるじゃないですか。あれをやられていたんです」と告白。続けて「普通だったら仕掛け人の女性を雇そうです。でもその週刊誌はすごい。契約記者がやるんです。女性の記者が当事者になってやってくる」と、話していた。

週刊誌の仕掛ける驚きの取材手法に「根性がある、他社とは姿勢が違う。敵ながらあっぱれ」と、話していた。最後は共演者に「あの週刊誌の記者は気をつけたほうがいい」と話していた。

 ハニートラップ意外と身近なところで起こっているのです。

誰にも知られず解決したいなら当社に解決依頼をして下さい。

 

誰にも知られずに恐喝を解決する方法
誰にも知られずに恐喝を解決する方法