エイズ感染の拡散事件

日本でのHIV感染者は、減っているわけではありません。
薬が良くなってきているので、日常生活を普通に送ることができ、発病を遅らせることが可能になりました。
普通に会社勤めも可能です。
日常生活で感染することは無いので、同じ場所にいたからと言って感染しません。
もちろん、交際相手やパートナーには知らせる必要があるでしょうが
職場の同僚などに話す必要はないのかもしれません。
一緒にいるだけで感染してしてしまうなどと言った間違った知識も横行していますが、
無知は彼らを気付けています。

HIVの感染は、検査をするまで気付かないケースも多いのでHIV検査を行いましょう。
知らないうちに大切なパートナーに感染させてはいけません。

 

エイズと知って強姦! 横浜地裁判決

エイズウイルス(HIV)に感染したことを知りながら女性5人に乱暴したとして、
強姦致傷や強姦などの罪に問われた男の判決が横浜地裁で下されました。
住所不定無職の49歳の被告に裁判員裁判で、懲役23年(求刑懲役30年)の実刑判決を言い渡しました。

判決によると、被告は2012年7月、横浜市内の住宅に侵入して当時21歳の女性を脅して強姦し1週間のけがを負わせるなどしました。同様の犯行を計5人に乱暴したというのです。

判決では、
「HIVに感染していたことを知り、被害者らがどれほどの恐怖と不安を感じたか。HIV感染で自暴自棄になり、うっぷん晴らしとともに性欲を満たそうと犯行に及んだことは、動機にくむべきものはない」と指摘しました。

 

性感染症と男女トラブル 解決はアイソウゴウコンサルタントへご依頼ください。

交際関係の男女トラブルにおいても、性感染症がきっかけで浮気不倫などの問題が発覚することがあります。
多くの性感染症では潜伏期間もあり、発病との時期がずれることから多くの相手に感染させてしまうこともあります。
不特定多数の異性との性交渉では、誰から移ったのか分からないこともあるのです。
また、性感染症の発覚でパートナーの浮気を発覚し離婚問題慰謝料の請求と言うことにもなりかねません。
命に係わる病気の場合は、それどころではなくなります。

男女トラブルの解決は、アイ総合コンサルタントへご依頼ください。

 

誰にも知られずに恐喝を解決する方法
誰にも知られずに恐喝を解決する方法