企業が脅される!企業恐喝相談!不当要求の解決


企業(会社)の脅迫や恐喝の被害は、会社の大小に係らず大きな問題です。規模が大きくなるほど要求額が巨額になる傾向があります。
会社の経営者、CEO、代表取締役、経理担当者などは特に注意しましょう。予想外の時に想定していない人物から被害に遭うことがあります。
外部の人間からだけではなく、従業員から被害に遭うことがあります。
会社の不正や経営者個人やその家族の犯罪行為や不正行為、倫理に反する事柄が企業脅迫や企業恐喝のネタになっています。
恐喝の目的は、物や金銭だけではありません。企業内の情報技術が目的であることもあります。内部情報は売買されることもあるので十分注意する必要があります。不正取引を強要され、犯罪の片棒を担がされるなどの二次被害や三次被害、そして会社の倒産、破産まで計画立てて行われるケースもあります。 

社員から巻き込まれる脅迫被害!会社を巻き込むトラブルメーカー!

あなたの会社で雇っている従業員が会社にトラブルを持ち込むケースがあります。借金、浮気や不倫、金の使い込み、横領背任、犯罪行為など脅されるネタを持っている人物を雇い入れていませんか。ギャンブル(ギャンブル依存症)や酒好き(アルコール依存症)はトラブルを起こしやすい代名詞です。また恋愛依存症やセックス依存症もこれらに準ずると考えることもできます。脅迫ネタの多くは、金と異性関係が絡んでいます。偉人に貢ぐために会社の顧客情報を売りさばいたり、企業の不正を金に換えて厳しい借金の返済を試みようとする者もいます。また、経理担当者の巨額横領をみすごしてきたオーナーもいました。
社員だけが問題の場合だけではありません。アルバイトや期間契約社員についても不正や偽装をネタに脅されるケースは少なくありません。会社の不正を耳したからといって誰でもがあなたの会社を脅してくるわけではありません。ほとんどは、悪い噂をながしたりネットに書き込みするぐらいです。企業が脅迫された時は、相手について十分調べておく必要があります。当社に寄せられた脅迫被害でも深刻なケースは、脅迫のプロが絵を描いている案件でした。
企業脅迫は、必ずと言っていいほど警察や弁護士相談が向いていない案件です。頭を抱えている経営者は今すぐご連絡ください。
不当要求の場合も同様にアイ総合コンサルタントへご依頼ください。 

会社を脅迫から守る方法 企業の強迫を終わらせる方法

企業脅迫の中でも厄介なのが脅迫と気づきにくい交渉をしてくる相手です。明らかな脅迫で会社側にも非が無い場合は、問題にはなりません。
断れないような状況を画策し、条件をのませます。一度相手にとって都合よく振る舞うと、エスカレートします。いつまで続くのか・・・あなたや会社に体力がなくなるまでです。結果として乗っ取りや企業買収、それも裏で手を組んだ第三者やライバル企業に乗っ取られるケースもあります。
経済的にも苦しい状況になればトラブル解決の専門家に依頼したくとも費用の捻出が難しくなります。そこまで追い詰められたら最後です。一般的にトラブルが起こったときの相談先といえば警察か弁護士ぐらいだと思っているような方は残念です。知恵を買う方法を知っている人にはかないません。負け組と敗者でも復活できる人との違いはトラブル解決の専門家と通じているかどうかです。
会社の経営者の皆様、恐喝や脅迫を受けたらすぐにご相談ください。
相手の要求に一度応じてしまうと、延々と要求され続け最後は想像通りです。
不当な要求は、アイ総合コンサルタントにご相談ください。警察のOBをはじめトラブル解決のプロがあなたの会社を守ります。

お気軽にお問い合わせください。0120-007-808受付時間 9:00-23:00 [ 緊急時除く ]

お問い合わせ