嫌がらせ調査!

嫌がらせ 嫌がらせ対策

嫌がらせでお困りの方は、アイ総合コンサルタントへご相談ください。
アイ総合コンサルタントでは、クライアントのみに対応しています。
様々な嫌がらせや、誹謗中傷、脅迫恐喝問題の解決に取り組んでいます。
不当要求や怪文書、リベンジポルノなどの被害のご相談も多く寄せられています。
トラブルの解決は、アイ総合コンサルタントへご依頼ください。
 

クルム伊達 嫌がらせ抜き打ちドーピング検査に怒り

女子テニスのクルム伊達公子さんがブログで、ご自身におこったトラブルを書いているようです。
その内容は、15日の深夜から夜中2時まで続いた嫌がらせともとれる抜き打ちドーピングテストです。
普段は温厚な彼女もさすがに怒りをを覚え、警察まで出動させていたことを報告してくれました。
もう就寝していた午後10時前に、調査員2人の訪問で起こされたことから事態はスタートです。
検査に必要な90ミリリットルの尿が取れないまま通常の検査終了時刻23時を過ぎてもまだ居座られたと言います。
日付が変わった1時過ぎには調査員の言動に失礼が多いため、何と警察に出動を要請したというのです。
尋常なことではなかったことが伺えます。そして1時45分ごろにようやく検査が終わったが、その後は2回トイレに行くなどほとんど眠れずじまい。練習でも体が動かず、予定していたメニューがこなせなかったといいます。
伊達さんは
「大切なこの時期にアスリートの活動を完全に崩す結果になっているこのシステムには、どう考えても疑問が残ります。
競技をする以上、アンチドーピング機構のルールに従い、検査を受ける義務があるのは理解しています。
でもそうであるならば、アスリート側の主張できる場が必要なのではないかと思います」と主張しました。
 

嫌がらせととらえられる行動に注意!

おそらく、深夜遅くにドーピング検査を行って選手に嫌な思いをさせたとしても、失礼が無いように淡々とことを済ませればこのような問題に発展しなかったのではないでしょうか。
失礼な言葉を発する必要もなく、
就寝中に申し訳ないと言う気遣いすらも感じられなかったということが想像できます。
対人関係のトラブルは、こういった相手を思う配慮が足りない場合に起こることが多く、
残念ですが、この配慮がうまく行えない人はトラブルが起こっても当然でしょう。
相手に嫌な気分を与えてしまうのですから。
トラブル解決は、アイ総合コンサルタントへご依頼ください。
※無料相談はしていません。
 

誰にも知られずに恐喝を解決する方法

誰にも知られずに恐喝を解決する方法

投稿者プロフィール

トラブル解決の専門家アシスタント
トラブル解決の専門家アシスタント
トラブル解決の専門家のアシスタントをしています。
女性からも相談がしやすい環境を心がけています。
秘密厳守で相談できるので、本気で困った時には一人で悩まずご相談ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

騙されるな!詐欺被害

次の記事

リベンジポルノ解決