世界の公然わいせつ

世界の公然わいせつ

カンボジアの世界遺産アンコールワット遺跡は、日本人にも人気のある観光スポットです。
このアンコールワットで、米国人の姉妹がヌード写真を撮影したというのです。
二人は身柄を拘束されていることがわかりました。
 

公然わいせつ 姉妹

アンコールワットで公然わいせつ容疑で逮捕されたのは、22歳と20歳のアメリカン人の姉妹です。
アンコールワット遺跡にあるプリヤ・カーン寺院の中でズボンを降ろして、お互いの下半身を撮影したと言うのです。
遺跡管理当局者は、
「聖なる場所だと知らなかったのかもしれないが、彼女らの不適切な行為は寺院の神聖さを損なう」などと話しています。
アンコールワットでは、別の寺院で最近フランス人の男性観光客3人が互いのヌードを撮影して公然わいせつなどで執行猶予付きの有罪判決を受けています。その後、国外退去と4年間の再入国禁止を命じられていました。
 

モラルの低下 強要不足 迷惑行為

モラルの低下は、日本だけではないようです。アンコールワット以外でも世界の様々な場所で行われる外国人による公然わいせつの問題は、その場所を大事に守っている人たちへの侮辱でしかないのです。
郷に入れば、興に従えとは言いますが、行く前には歴史や地域について調べてから行くべきでしょう。
不愉快な行為は、慎むべきです。
トラブルの解決は、アイ総合コンサルタントへご依頼ください。
※無料相談はしていません。
秘密厳守ですので安心してご相談ください。
 

誰にも知られずに恐喝を解決する方法

誰にも知られずに恐喝を解決する方法

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

ピザ宅配 強盗

次の記事

不審火 京都 迷惑行為